中途半端で何が悪い

【大学の就職活動】圧迫面接が人生を変えた

f:id:sg178:20181106010616j:plain

 

就職活動、転職活動、アルバイト、

どんな仕事にも、面接があります。

 

  

就職活動、転職活動、アルバイト、

どんな仕事にも、面接があります。

 

学歴や、資格、特技、

あなたが今まで、何をしてきて、これから何ができるのか。

 

簡潔にわかりやすく面接官に伝える作業です。

 

僕も今まで、いろんなアルバイトをしてきましたし、

今の仕事に就くまで就職活動もたくさんやってきました。

 

転機になったある面接

 就職活動、

就職活動

就職活動

 

大学時代腐る程聞いたフレーズ。

あれは、大学4年の就職活動を行なっていた時のある面接でした。

 

 

地元にも支店がある企業がいいなぁ。家に何かあったら帰れるし。

 

ぐらいの気持ちで、会場に向かいました。

 

と言っても勿論、

ある程度聞かれるであろうことをいくつか想定して

 

 

 

志望動機は?入社してやりたいことは?特技は?なんで今の大学?

専攻は?

 

 

どんな質問が来てもヘーキへーき

やる気バッチリ、髪型バッチリのよく見るそこらの就活生

 

 

 

いざ、会場へ。

 

登壇して、試験の日程を説明する人事。

 

とても人当たり良さそうで、他の就活生の質問にも

気さくに対応していました。

 

入って見ると大きな会場ではなく、人事の人も多くなかったので、

意識しなくても試験官の顔もよく見えました。

 

 

あの時のあの言葉

 

面接にもいろんな種類があります。

  • グループディスカッション
  • 集団面接
  • 個人面接

 

僕があの日受けた面接は個人面接でした。

 

 

もりた『もりたです。よろしくお願いします。』

 

 

面接官『どうぞ、席について。』

 

 

登壇していた優しい面接官でした。

 

 

 

1対1か・・・緊張しなくてすみそうだ。

 

 

 

そう思ったのも束の間でした。

 

 

さっきまでやさしそうだった面接官が

若干の悪態をつきながら

 

 

面接官『なんでウチにくんの?音大出てココ?笑 

    理由は?入って何すんの?こっちの方がいいんじゃない?』 

 

度肝抜かれました、、、

さっきまで優しかった面接官が目の前で急変して

心が追いついていきませんでした。

 

 

頭の中に入れていたテンプレもすっかり飛んで

テンパリまくっていました。

 

ん?・・・え??

 

 

面接官も畳み掛けてきます

 

面接官『どうしたの?答えられない?そんな難しかったかな?』

 

ォォォ〜、これが圧迫面接・・・?

すごい高圧的な態度で面接してきただけで、

世間的に圧迫面接と言えるのかどうかわからないけど

 

僕からしてみれば圧迫面接でした。

 

 

まぁたしかに、憧れもなければ、心の底から

ここで働きたいという意欲もありませんでしたから

 

圧迫面接を受ける中で、そんな働きたい訳でもない感

が少しづつ出て来てしまっていました。

 

 

本当は何がしたいの?

なんで就職活動してるんだ?

 

 

面接中の

この一言がグッと心に来ました。

 

(あれ、俺たしかに何がしたいんだ・・・?)

 

 

面接終わり

 

『結果は追って連絡します。』

 

心にポカンと穴が空いたような感覚でした。

都内のビジネス街を虚無に歩きながらさっきの言葉を思い出しました。

 

本当は何がしたいの?

なんで就職活動してるんだ?

 

 

確かにすぎる

なんで俺就職活動してるんだろう。

僕にあった働き方ってそもそも何?

どんなことが好きなの?

仕事ってなんだ?

 

 

あの面接官のあの一言で

働くということを見つめ直しました。

 

どんな仕事があって、

どんなことが好きなのか。

自分がやりたいことはなんなのか。

 

 

あの面接官もやりたくて圧迫面接してる訳じゃないんだ

あれも仕事なんだ。

 

マイケル・サンデルの本を読んでしまってから

自分に起こった出来事にさえも、客観的になっていました。

 

嫌だろうな、疲れるだろうな、あの人はなんであの仕事しているんだろう

 

 

あの面接がなかったら今の自分はいないだろうな・・・

ブロガーという選択が正しいのかは置いておいて良い経験になりました。

人気記事

▼10年音楽を勉強した僕が勧める史上最高のイヤホン

【音大卒がオススメする】beatsX が俺史上最強のBluetoothイヤホンで満足度半端ない

▼読んだら読む前の考え方には戻れないほどの影響力な本

これが無かったら今の自分はない、僕の人生を大きく変えた本6冊