中途半端で何が悪い

Youtuberラファエルのゴリ押しで勝ってしまった本。マイケル・サンデル

f:id:sg178:20170606183849j:plain

 

 

買っちゃった・・・買っちゃたよ・・・

 

言っても買ったのは大分前なんだけどね

 

マイケル・サンデルの『これからの正義の話をしよう

って本なんですけど、

 

 

 

 

これYoutuberラファエルがゴリ押ししてて、

 うわーこんな賢い奴がそんなに推すなら

 買っちゃおうかなー。。。ってなって買った本

 

 

すぐ影響されますハイ

 

その影響させられた動画がこちら。

 


俺の性格を変えた一冊の本が色んな意味でヤバ過ぎる!(12分あるから暇な時に見て) | サブチャンネルラファエル2

 

 

 実際読んでみて

本当に面白かったし、考え方変わりまりした

自分が俯瞰的な考え方ができる助けになりましたね

完全に。

 

引用するなら、

 

あなたは電車の運転の運転手です

 

線路の上には五人の作業員がいます。

 

このままだと五人は轢き殺されてしまいます。

 

ただ、右見目をやると退避路があり

 

そこにも1人の作業員がいます

 

あなたの手で右にハンドルを切って多くの命を救うか、

 

本来、死ぬはずはなかった1人の命を救うか

 

 

利己的主義と栗的主義の狭間、その葛藤の中で

 

議論を深めていくこの本は確実にあなたの

新たな考え方身につきます。

 

 

著書の冒頭で

ええんか?本当にこれ読むんやな!?過去の自分には戻られへんで?!

 

ってすごいビビらせてきますが、

読んでしまった今では読んで正しかったのかどうかは

わかりません

 

哲学は世論があたりまえだと思っている問題を

果たしてそれが正しい選択なのかという視点から考える学問でもあります

 

五人を救うのか、1人を救うのか

 

著者マイケル・サンデルが仰っているように

読んだ瞬間から、以前の価値観には

ラファエルが言っていたように本当に戻れないです。

 

今まで当然と思っていた事が疑問に変わるんですから。 

 実際僕もそうでした

 正解の選択なんてないんです

 

みなさんも読んでみたらいかがでしょうか