中途半端で何が悪い

現役音大生が大学4年で就活をやめてブログに手を出してみる

3年付き合った彼女に振られた話

f:id:sg178:20170918161449j:plain

 

先週、大学入学当初から付き合っていた彼女に振られました

 

 

まぁ理由は多々あれ、彼女の別れの言葉はこう

 

どんな仕事でも、この人なら大丈夫って自信がないとついていけない、、、

でした。

 

 

ぐさっときた反面、妙に納得してしまいました。

 

 

 

フリーランスで飯を食う!!

 

 

なんて急に言いだすんですから

 

 

そりゃついていけないなんて言われても仕方がないなと。

 

 

3年も付き合ったもんですから、結婚なんかもチラついてしまうわけです

少なからずそういう雰囲気はありました。

 

 

 結婚を意識してなのか、

彼女はずっと就職をして欲しかったみたいです

 

 

彼女は超有名企業に受かり、僕はフリーランス。

世間的にも体裁が悪いのはなんとなくお察しです

 

 

僕は考えました。

 

 

彼女をとってどこかに就職して堅実な人生を歩むのか

自分の好きな事で生きていくか

 

 

僕は好きな事で生きて生きたいなと思ったんです

 

 

長期のインターンを経験して

社会人としての生き方に疑問を持ってしまったのが原因にあります

 

 

毎日朝早く起きて、満員電車に揺られ夜遅くに帰宅。

家には寝るためだけに帰宅し、また朝早く出社。

 

 

これを40年・・・・・??

 

 

1ヶ月のインターンでしたが、そんな思いを抱くには十分な時間でした

 

そこから半年後、就活が始まるのですが、その時の事は

こちらを読んでいただけたらと思います。

 

www.mori-tako.com

 

 

 

 

就職してね?、エントリーした?次の面接いつ?

 

よく言われてたけど

僕の頭の中から就職をするという選択肢は全くもってなかったから

まったく上の空でした

 

 

僕は彼女と一緒に居られるだけで幸せだと思っていたけど、

実際そういうわけにもいかないみたいです。

 

 

明石家さんまも似たような事Netflixで言ってました

 

 

 

男として信頼されるべきなのも当然だし、

尽くしてあげることも、お金だって当然必要になってきます

 

 

でも僕はそうじゃなかった

 

 

彼女にとっての選択肢が

暖かい堅実な過程を築くという選択肢。

 

 

 

僕にとっての選択肢が

人生を好きなことで楽しく生きて生きたいという選択肢

 

 

 

 

どちらが間違いという訳でもないと思います

 

ただ、お互い大切にしたいものが相違していただけで。

 

 

そういう部分も理解していたから妙に納得してしまったのかもしれません

 

どの生き方が正しいかなんて

誰かが決めることじゃないと思うから

 

 

この本を読んで、そんな価値観になりました。

無人島からきた住人が西洋社会にきて感じた事を記した手記です

 

 

まぁ 、めちゃくちゃ寂しいですけどねwwww

フォオオおおwwwwww