中途半端で何が悪い

現役音大生が大学4年で就活をやめてブログに手を出してみる

CDを買わないのにフェスには行く若者

f:id:sg178:20170727030528j:plain

 

 


こんにちわーもりたです

 

 

最近CDって買いました?

 

僕は半年以上買ってませんAppleMusicに頼りっきり

 

 

最近はCDの売り上げに反比例するかのごとく

フェスの売り上げがどんどん上がっているの知ってました?

 

CDという媒体がそもそも時代にそぐわない?

 

最近では

スマホの誕生に伴うインターネット市場の拡大により誰でもストリーミング視聴が

できる環境が整ってきています


例をあげればSpotifyやAppleMusicなど、近年ではAmazonなども

その役をかっていますよね。

 

CDを買いにわざわざお店に出向かなくともネット環境さえあれば
自分の聞きたい楽曲はすぐに手に入ってしまいます。


こうした音楽市場の中で『CDを買う』といった行為は面倒。
CDの価格設定からも金銭的に余裕のない若者を明らかに突き放してる

そんなように感じます。

 

CDは主な価格設定はカップリング2、3曲を含め1200円から1600円である場合

が多いけど、ではitunseではどうでしょうか

 

1曲250円から1曲から小出しに販売されてるし、

Thinking Out Loud

Thinking Out Loud

  • エド・シーラン
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

さらに言えばAppleMusicでは学割込みで500円から3000万曲が

聴き放題で聴くことができる・・・

 

控えめに言って最高です。

 

 

 


フェスには行く若い者


CDをあまり買うことのない若者がなぜロックフェスには行くんだろう

 

そりゃ

ライブの風景とか飯食ってる写真とか

フェスのファッションSNSにアップするのが楽しいんだ

 


フェスに参加している人たちはこんなにも楽しい場所にいるんだぞ!ということを

シェアしたいそんなフェスの楽しみ方をしている人が大半なんじゃないかな

 


いろんな人に見てもらいたいからおしゃれをする、

      

WOWOWなどを通して配信される映像に積極的に映りに行ったり、

      

Twitterやインスタグラムを通してシェアする。

     
それを見た人たちも行きたいと思い、

      

フェスが終わった後も公式が動画配信サイトを通してシェアして

      

その動画もまたSNSでシェアされる。

 

 

フェスが楽しいのもSNSありきだと確信してる

だってこんな楽しいところに行ったらそりゃみんなに

見せたくもなるよ

 

僕もRock in JapanとCDJ(カウントダウンジャパン)

には行ったことあるけど

 

その中でもロッキンは最高だった

 

だだっ広い芝生の上で、たくさんの人が寝転びながら

 

太陽の下

 

生のくるりを聴く。

 

うーん、控えめに言って最高。

 

 

 

 

ロックフェスティバルが音楽業界にもたらした影響


CDの売り上げ不振により暗雲立ち込めていた音楽業界に

革新をもたらしたといっても過言ではないでしょう


音楽フェスの国内市場は03年に約942億円だったものが

13年に約2318億円に増えました。10年間で2倍以上の成長を遂げました。

(※一般社団法人コンサートプロモーターズ協会)

 

 

 

チケット一枚一枚の単価は決して安いものではないのに

ロックインジャパンでは昨年27万人もの動員数を達成しました。


なぜそんなにも若者はフェスに行きたくなるのでしょうか。

 

 


ライブとは一味違った、出会いや非日常が存在するから


ロックフェスは元来自然が多い会場で行われ、

テントを張って寝泊りをすることができます。

 

 

さすがにテント張って泊まるまではしたことはないけど

 

 

自然と一体になって味わうのできるライブはとても非日常で魅力的

 

 


先日石巻ロックフェスでおこなわれた被災地復興に見たように、
フェスを通して現地の人々を元気づけたり、勇気付けたり、

フェスには大変大きな力があります。


また、若者の経済活動を促進する側面も持っている

 

 


今後石巻ロックフェスのような被災地復興支援が目的のフェスだけでなく、

 

GreenRoomFestivalに見るように環境問題を

再提起するようなフェスもある

 


近年の大規模なロックフェスティバルは、

アーティストのライブを楽しむという本来の側面以外に、

普段とはかけ離れた「非日常」を与える会場の雰囲気、

若者の心をつかむコンセプト、ライブ以外のサービスが充実しています。

 

 

まじ楽しいからフェス行ってみ!

 

 

(Rock in Japanがいっつもテスト期間に被ってるのどうにかしてくれ・・・)